磁気24 ファラデーの法則

投稿者: | 2017年11月25日

「電磁誘導によってコイルに発生する起電力の大きさは、

そのコイルを貫く磁束の時間的変化の割合に比例する」

 

このことを 電磁誘導に関するファラデーの法則 と言います。

 

ファラデーの法則を言い換えると次のようになります。

磁束の変化(増減)があったとき、コイルに起電力は発生する。

磁束量の増減が一定時間内に多くあった場合は、起電力は大きくなり、

磁束量の増減が一定時間内に少ししかない場合は、起電力は小さくなる。

それでは、ファラデーの法則を 磁石とコイルを使って説明します・・・

つづきは、以下をダウンロードしてご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

 


ダウンロード版

 

 

  にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ

コメントを残す