磁気39 合成自己インダクタンスの公式

投稿者: | 2018年1月29日

2つのコイルを接続 ( 和動接続 または 差動接続 ) したときの、

2つのコイルの 合成自己インダクタンス は、次の公式で求めることができます。

 

直列につないだ コイル1 と コイル2 の 相互インダクタンスが M のとき、コイル1 と コイル2 の 合成自己インダクタンス L を求める公式。

L = L1 + L2 ± 2M

 

和動接続のときの合成自己インダクタンスを求める式 → L = L1 + L2 +2M

差動接続のときの合成自己インダクタンスを求める式 → L = L1 + L2 -2M

和動接続の公式と差動接続の公式では、符号が異なります (+ または -)

 

詳しくは、以下をご覧ください。
↓ ↓ ↓

 


ダウンロード版

 

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ

コメントを残す