電験過去問題集を解いていて、わからない問題は解説を見ると思いますが、

「解説を見てもわからない」

こんなことは誰でもあると思います。

 

では、なぜ解説がわからないのか?

その理由は、いくつか挙げられます。

 

1、問題の解き方はわかるが、途中の計算式が省略されていてわからない

 

2、難しい解き方をしているので、理解できない

 

3、問題そのものが難しすぎてわからないので、解説を見ても全くわからない

 

1 と 2 は、時間をかければ理解できますよね。

しかし、3 の問題を理解するのは難しいです。

 

 

1、問題の解き方はわかるが、途中の計算式が省略されていてわからない

途中の計算式が省略されていてわからないというのは、電気的なことがわからないのではなく、数学的にわからないということです。

 

とても複雑な数式も出てくるので、途中式が省略されていると、なぜこの式がその形になるのか?ということが理解できません。

 

途中式を省略するのは紙面の都合もあるのでしょうね。

途中式を全て載せると紙面が足りなくなる、という理由もあるでしょう。

 

 

2、難しい解き方をしているので理解できない

解き方は複数あるが、解説者は数式を使った難しい解き方で解説する。

 

計算問題などの解き方は1つではありません。

たいていの問題は解き方が複数存在します。

 

例えば、交流の問題を解く方法には「ベクトル」で解く、「複素数」で解く、

主にこの2つの方法があります。

 

私の感想としては、

「ベクトル」は、図を使って感覚的に解く

「複素数」は、数式を使って理屈で解く

そんな感じです。

 

このとき、解説者としては、「複素数」で解く方法を選びます。

「ベクトル」を使うと、図(ベクトル)を描かなくてはいけない、

図(ベクトル)は紙面を大量に使う、などの欠点があります。

 

また、数学が得意な人にとっては、数式で解説するほうが簡単です。

しかし、数学が苦手な人は数式よりも図(ベクトル)で解説されたほうがわかりやすいですよね。

 

この点が、過去問題がわかりにくい理由になります。

 

自分が使っている過去問題集の解説がわかりにくかったら、他の解説を探してみることも一つの方法です。

ネット上で解説をしているサイトもいくつかありますし、本屋に行って他の過去問題集の解説を見てみるのもいいですね。

 

 

3、問題そのものが難しすぎてわからないのが、解説を見ても全くわからない

これに関しては、諦めたほうがいい場合もあります。

わからない問題で悩みすぎて勉強が先にすすまないのであれば、次の問題に進んだほうが、効率がいいと言えます。

勉強に使える時間は限られているので、難しい問題は諦めて次の問題に進む。

この判断も合格を左右する重要な要素の1つになります。

 

1つの問題にこだわり過ぎず、臨機応変に勉強を進めることも大事ことですね。