磁気38 和動接続、差動接続

投稿者: | 2017年12月12日

1 のような一つの鉄心に巻かれた2つのコイルを接続する場合、

その接続方法には、和動接続差動接続 の2つがあります。

そして、各接続方法により それぞれのコイルに発生する磁束の向きは異なります。

 

2つのコイルの各接点 a , b , c , d の接続方法により、コイル1 と コイル2 の 磁束の向きを変え、それにより 和動接続 または 差動接続 の状態にすることができます。

 

2のように接点 b c が接続されたコイルに電流を流すと

コイル1とコイル2に発生する磁束の向きは同じになる

このように、磁束の向きが同じになる接続方法を 和動接続 と言います。

このとき、合成された自己インダクタンスLを求める式は  L=L1+L2+2M  になります。(公式については後述)

 

つづきは、以下をご覧ください。
↓ ↓ ↓

 



誰でもわかる電験参考書 ダウンロード版

 

 にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ

コメントを残す