電験三種は難しいですが・・・

投稿者: | 2017年11月11日

試験問題が難しく感じるかどうかは、相対的な要素があります。

 

「エネルギー管理士」という資格試験をご存知でしょうか?

この資格の試験は(熱分野)と(電気分野)がありますが、

(電気分野)の出題範囲は、電験三種とかなり似ています。

 

かなり前の話になりますが、

私は「エネルギー管理士」の存在を知らずに、人から教えてもらってその問題を見たときには、電験三種の試験問題とかなり似ていることに驚きました。

 

そこで私は、W(ダブル)受験を決めたのです。

電験の勉強をしていれば、たいして「エネルギー管理士」の勉強をしなくても合格できるのではないかと・・・

 

しかし、勉強を始めて、甘かったことに気がつきました。

問題は似ているのですが、「エネルギー管理士」の問題のほうが難しかったのです。

 

その当時は、W受験に少し後悔したのですが、

じつは、その結果とても良いことが起こりました。

それは、「エネルギー管理士」の問題を解いた後に、電験三種の問題を解くと、「簡単だ」思えたのです。

 

つまり、電験の問題を単体で見ると、難しく感じたのが

それより難しい「エネルギー管理士」の問題を解いた後に解いてみると、簡単だと感じるようになっていたのです。

 

このときに、難易度というものは、比較によるものだ、ということをつくづく感じました。

 

W受験は、少々大変ですが、余裕のある人は試してみてはどうでしょうか?

 

4科目 正方形yahoo.jpg
電気が苦手な方に
お薦めの参考書です

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ

コメントを残す