磁気27 自己誘導

投稿者: | 2017年12月1日

 

「自己誘導」について説明します。

 

コイルに交流電流 I を流すと、コイル内(鉄心) に磁束が発生します。

 

磁束が発生(増加) すると

レンツの法則により、発生した磁束を打ち消す方向に起電力 e  が発生し、

起電力 と同じ方向に誘導電流 I が流れます。

 

誘導電流 I は、コイルに流した交流電流Iとは逆方向に流れます。

 

このようにコイルに流れる交流電流によって、誘導起電力が発生することを自己誘導と言い、この(電流とは逆向きに発生した)誘導起電力のことを自己誘導起電力と言います。

 

つづきは、以下をご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

 

表紙「機械」3のコピー.jpg
誰でもわかる電験参考書 ダウンロード版

 

 にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ

コメントを残す